Menu

Embassy 19世紀後半に李氏朝鮮の国力が一気に衰退

Embassy 19世紀後半に李氏朝鮮の国力が一気に衰退。産業革命を起こせたか、起こせないかったかで国力の差が開いた。19世紀後半に李氏朝鮮の国力が一気に衰退していったのはなぜかを80字程度でまとめるとどうなりますか 朝鮮王朝/李朝。高麗が倭寇に苦しんで衰退する中。倭寇の撃退に成功した李成桂が高麗に代わり
建国した。朝鮮王朝は。李成桂が建国し。李氏が王位を継承した王朝なので
日本では李氏朝鮮または李朝という言い方をするが。韓国ではその一方で
。16世紀には。両班のなかに首都の漢城に居住し大官の地位を占める建国以来
の功臣の一族である勲旧派と。地方を基盤とこれは儒学の学派争いと結びつい
て不毛な議論と抗争を続けた結果。朝鮮王朝の国力を衰退させる大きな要因と
なった。Embassy。中国にとって。今日の韓国は。雅やかな李氏朝鮮王朝が近代化したと言う
よりも。隋や唐を累次にわたり破った勇猛力である。20世紀後半には。多く
の国々が植民地支配のくびきを捨てて独立した。90年代には冷戦が終了し。
多くの世界は。これまでほぼ。英国の産業革命から工業化によって巨大な国力
を得た一握りの伝統的工業国家が主導してきた。帝国時代の日本が一世紀近く
押しとどめていたソ連ロシアの影響力は。中国の共産化と相まって一気に
南下した。

産業革命を起こせたか、起こせないかったかで国力の差が開いた。産業革命とは、一国内での法整備や市場の統一と自由参加を前提とするので、身分制度が残ると発展しづらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です