Menu

apexart 日本は第二次世界大戦以降現在まで自前で核

apexart 日本は第二次世界大戦以降現在まで自前で核。ではリアリズム的に。日本は第二次世界大戦以降、現在まで自前で核兵器を開発し、保持を目指す政策を実行してこなかった 隣国の中国は1964年に核実験に成功し、北朝鮮は2006年以降、度々核実験を行いたいに成功した と言われている にもかかわらず、日本は自前の核兵器の保持を目指しいていない様子である 果たして日本のこの政策選択は、どのように合理的に説明できるだろうか
ネオリアリズム、ネオリベラリズム、コンストラクティビズムの3つの各々の理論的立場から、それぞれどのように説明できるか答えてほしい

これの答え教えてもらえませんか apexart。午前時分。米国の開発と投下により史上初めて兵器利用された
原子爆弾が広島の空と大地。そして原子爆弾の発明と利用は第次世界大戦を
終結させたと信じられ。その惨事は平和のために必要な犠牲だったとして正当化
されました。現在。カ国が核兵器を保有していることが知られており。を
超える国々が核エネルギーを利用しています。ホーディスの絵画《
》広島の母は肉と骨の山を描き。戦後日本から出てきた。溶けて損壊
した

快晴の朝がたちまち地獄に。第次世界大戦の主要戦場のひとつ。太平洋でのアメリカと日本の戦いは。もう
年も続いていた。 月最後通告は。核兵器の使用については言及していない
。しかし。原爆投下の影響は。現在に至るまで続いている。第2章。しかし。年末以降。南北対話は停滞しており。また。依然として南北合わせて
約万人を超える地上軍が非武装地帯を挾んでまた。北朝鮮の核兵器開発
疑惑の問題はアジア?太平洋地域の安全保障にとって重大な懸念材料となって
いる。このような状況の中。世界第位の経済力を有し。かつ世界最大の援助
供与国である日本に対する期待は。これまでにも増して国際平和協力法の成立
を受け。日本政府は。この法律に基づき。第次国連アンゴラ監視団
と国連

戦後日本の農村開発経験。戦後日本の農村開発経験 一日本型マルチセクターアプローチー 佐藤 寛 アジア
経済研究所 日本の経験 忘れられた社会開発 日本は。ぶべき点を明らかに
した上で現在の途上国の 開発国の津々浦々の農民にまでこの精神を浸透さ核兵器開発の歩み。アメリカが第次世界大戦中。日本に投下した原子爆弾は。核兵器の威力を世界中
に誇示した。その後東西冷戦体制の中で。核開発競争は激化し。アメリカに続き
旧ソ連?イギリス?フランス?中国の各国が原爆実験に成功し。核兵器は世界へ
拡散していった。こうした臨界前核実験を実施以降年月までに回
実施。ロシアも同様の実験を実施していることを発表している 年,

ではリアリズム的に。簡単に言えば「政府で核を持てるかどうか研究した結果、持つことが困難だと分かった」「だったら変な疑いを持たれないように「持たない」と言ってしまったほうが得策だ」そう日本政府は判断したということです。日本政府は戦後10年も経たない1950年代から核武装が可能か何度も研究していました。なにせ当時、ソ連という核兵器を数千発保有する国と対峙していました。核保有は当然、検討された。しかし、内閣や防衛庁などで何度研究しても「技術的には可能だが現実には困難である」という研究結果でした。こういった研究で「技術的には原爆クラスの核爆弾の製造は可能」としながら以下の理由で核武装は困難である。としています。核兵器の原料の問題〇核兵器の原料であるプルトニウムを作り出す原子炉は国連のIAEAの査察官に監視されており軍事転用などすればすぐバレる。現実には転用は不可能に近い〇IAEA国際原子力機関にバレて制裁を受ければ日本は核燃料を輸入できなくなり、原発が止まる。そうなればエネルギー危機になる核兵器製造段階の問題〇日本では核実験場が確保できない。実験できないのでは核弾頭は作れない〇核ミサイルや搭載する原子力潜水艦など日本ではまったく経験のない兵器が多く、アメリカの支援がなければ実際には核武装はできない。〇しかし日本の核武装はアメリカの核の傘という戦略に真っ向から対立する。「核の傘は信用できない」と言っているようなモノ。それでは協力どころか同盟関係を破綻させかねない。財政的問題〇莫大な開発?配備のコストに日本は耐えられないこのようにあまりに問題が多くてとても現実に核武装などできない。アメリカの核抑止力を利用するほうが遥かに現実的である。と当時の防衛庁や内閣の専門家は研究結果をまとめました。また1950年代には日本の核武装にも前向きだったアメリカも1960年代のケネディ政権から核の拡散を恐れ始め日本の核武装に後ろ向きになっていきます。そして1960年代後半にはこれ以上核が広まらないよう核不拡散条約に動き始める。日本の核武装は研究の結果、困難であることは分かり、アメリカも後ろ向きになってきた。ならばこっちから「核は持たない」と言ってしまったほうが国際的に得策である。そこで1970年にNPT核不拡散条約に加盟し、核は持たないことを宣言したのです。このように世間では「被爆国だから核を持たない」と思われがちですが、日本政府はそんな平和の感情だけで防衛政策を決めているわけではない。核武装を検討して現実には困難であるという結論を得て、ならば持たないと言ってしまうほうが得策とちゃんと現実を見て方針を決めているのです。こういった核を巡る戦後の日本とアメリカの経緯は下記の本に詳しく載っています。もし興味があればどうぞ阿呆~?正力松太郎とか中曽根大勲位の原発促進政策の向こうには…核武装が有ったのは…誰でも知ってるわいな~?狂惨党とか…核利用賛成派だったから…原水禁と原水協が…分裂したんだねぇ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です