Menu

3号被保険者の配偶者が65歳になったときの手続き 年金の

3号被保険者の配偶者が65歳になったときの手続き 年金の。自身の年収が130万円を超える場合などは、第3号被保険者の資格を失い、第1号被保険者に該当することになるため、加入者自らが市区町村に届出をし、保険料を納めなければなりません。年金の第3号被保険者の件でお尋ねします

私はサラリーマンで、妻はアルバイトです 一昨年まで妻は第3号被保険者でしたが、平成30年度は妻の年収が200万円を超えましたので、第3号から外れました 来年平成31年は妻も調整して働くということですが年収いくら以下なら第3号となるのでしょうか
また第3号にするための手続きの時期、手続方法も教えてください (例えば平成31年1月の給与支給時点で12倍して扶養に入れる金額ならそのタイミングで会社経由で申請する など)

宜しくおねがいします 3号被保険者の「配偶者が65歳になったとき」の手続き。国民年金の第号被保険者に該当する要件は。「歳以上歳未満の方で第号被
保険者厚生年金保険又は共済組合の加入者に扶養されている人」と定められ
ています。 また。第号被保険者の要件は。厚生年金保険又は

自身の年収が130万円を超える場合などは、第3号被保険者の資格を失い、第1号被保険者に該当することになるため、加入者自らが市区町村に届出をし、保険料を納めなければなりません。一般的に「130万円の壁」と言われていますが、130万円を超えると、第3号被保険者からはずれてしまい、同時に健康保険の扶養家族からもはずれてしまいます。第3号被保険者は年収130万円未満一定の障がいの状態にある人は180万円未満が条件です。130万円とは給与収入すべてです。所得税法では非課税となる通勤手当も含まれます。また、不動産収入や年金収入など、給与以外に定期的な収入がある人は、それらを合算します。そして130万円とは過去の累計ではなく、今後の見込み額のことです。たとえば月に13万円の給料という条件で、今年の6月から就職したとします。12月まで働いても今年は130万円未満です。そこで、今年中は第3号被保険者になれると考える人もいますが、そうではありません。 今後の見込みで判断するのです。13万円の給料を1年間受け取れば156万円というふうに考えて、就職した6月から第3号被保険者ではなくなります。130万円に関しては、年末にあわてて働き方を調整しても、時すでに遅く、さかのぼって第3号被保険者や健康保険の扶養家族からはずれることもあるので、注意が必要です。>平成30年度は妻の年収が200万円を超えましたので、第3号から外れました。年度とかかれておられますが、基本社保、年金の扶養は月単位で判断されるはずです。年収200万というよりも月額賃金が108333円を超えている時点で外れたはずです。もしくは奥様自身が社保、厚生年金に加入した時点かです。社保の扶養についてはあなたの所属する保険組合毎に判断が違います。また、基本年金もそれに付随します。今年のどの時点でどういう判断で扶養から外れたのでしょうか。また再度調整するとの事ですが、どのように調整するのかちゃんとあなたの会社の担当者に聞いていますか?手続きはあなたの会社でしか出来ませんし、再度扶養になれる条件も様々です。年収で判断するわけではありません。108333円を超えないという見込みの労働契約書の提出や、3ヶ月連続で超えていないという実績を証明するための給与明細などを求める場合もあります。なのできちんとしたことはあなたの会社の担当者に聞かないとネットで聞いても一般論しかわかりませんよ。。例えば平成31年1月の給与支給時点で12倍して扶養に入れる金額ならそのタイミングで会社経由で申請する?など上記の考えてあっています。ただし、組合健康保険は組合によって、このタイミングで扶養としてくれない場合があります。3か月の給与の平均をみるとか、下がってから1年を経過しないとダメとかルールがそれぞれです。組合健康保険であるときは会社に確認するしかありません。きょうかい健保であるときは、このタイミングで扶養になれるはずです。年金事務所で確認することができます。ほとんどの健康保険組合では年収では無く、月収108,333円以内交通費含むかどうかで判断しています。ご自身の加入している組合又は会社の担当者に確認手続きのタイミングや必要書類などもしてみてください。月収が基準に納まっているかどうかの確認方法年収でいいのか、直近3ヶ月の平均なのか、厳密に月収なのかも組合により異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です