Menu

麒麟がくる池端俊策氏 信長は室町幕府を滅ぼすときは一気に

麒麟がくる池端俊策氏 信長は室町幕府を滅ぼすときは一気に。正確に言うと、信長は足利幕府を滅ぼしてはいません。信長は室町幕府を滅ぼすときは一気に滅ぼしたんですか 歴史人物。年には姉川の戦いで。浅井?朝倉の連合軍をやぶり。浅井氏。朝倉氏を
滅ぼした。年に室町幕府第代将軍の義昭を追放し。約年続いた室町
幕府を滅亡に追い込んだ。年室町時代。後醍醐天皇の命により。新田義貞や足利尊氏が鎌倉幕府を滅ぼした年が年で
。その年後の年に足利尊氏が征夷大将軍となり幕府を開いた。そして。
尾張の戦国武将であった織田信長によって。足利十五代将軍の足利義昭が京を
追い出されてしまい。室町幕府が滅亡鎌倉幕府第代執権であった北条高時の
子。北条時行ときゆきは鎌倉将軍府の足利直義ただよしを破り再び鎌倉を占拠
した中先代の乱。しかし。それでも幕府は南朝を滅ぼすことが出来なかった

麒麟がくる池端俊策氏。池端前回。大河ドラマの脚本を書いたのは。室町幕府を描いた『太平記』
年でして。年近く続いた鎌倉幕府を滅ぼした足利尊氏真田広之の
お話でした。今回の『麒麟がくる』は。年以上続いた室町幕府を滅ぼす流れ
を作った人物たちのお話です。池端光秀と信長の「不思議な友情物語」を
年通して描いてきました。に向けて坂道を転げ落ちるような勢いで一気に
書き上げました。回というのは。僕にとって非常に大きな回でした。織田信長が室町幕府を滅ぼした真相とは。これを読めば「信長がなぜ室町幕府を滅ぼしたのか」その理由が。カンタンに
理解できます。 「織田信長」は。「もともと室町幕府を滅ぼすつもりなどなかっ
た」のです。

織田信長。周知のように義昭は。打倒信長に燃えた室町幕府最後の将軍です。現存している
これにより。足利尊氏から年間続いてきた室町幕府は滅亡したのです。
義昭は佐和山から坂本まで一気に向かいます。 そしてこのとき動員され
た兵の数は7万。室町幕府を滅ぼした信長は。あらゆるものを手なずけよう
とし。

正確に言うと、信長は足利幕府を滅ぼしてはいません。あくまで、将軍義昭を京都から追放しただけです。幕府を滅ぼすためには、天皇の裁許が必要ですが、信長はそのような事を上奏していません。将軍が京を追われるという事は、信長以前にもあり、大内氏が上洛をした際や、三好氏が畿内の実権を握った際なども、将軍は一時、京を追われて放浪しています。義昭も同様で、一時京から追い出されたという形で、毛利氏の庇護を受けながら、備後の鞆という港町で、細々と征夷大将軍の政務=幕府を続けています。ただ、結果として、義昭が将軍として再上洛する事は叶わず、秀吉の代になり、秀吉に臣従する事で、幕府は自然消滅したのです。足利義昭は織田に反抗の挙兵を、して京都の槙島城に籠城した。これを織田の軍勢が攻城のすえ陥落させた。足利義昭は助命のうえ京都から追放、義昭に従って戦った幕臣らも降参、その有力者には細川藤孝の兄、三淵藤英は投降し織田信長に切腹を命じられ没した。京から追われた足利義昭を三好義継が若江城に、かくまう。織田は若江城を攻撃、足利義昭は、この城も退散し毛利に保護された。三好義継は織田に討たれた。足利義昭を助ける幕臣が、いなくなるか織田に、ことごとく討たれた、若江城が陥落した段階で足利幕府は滅亡したと判断して、しかるべき。よく勘違いされますが、信長は「足利幕府を滅ぼした」のではなく、「将軍足利義昭を京から追放した」だけのことです。別に将軍が京にいなければいけないわけでもなかったです。つまり義昭は将軍のまま。幕府は滅んでいないのです。崩壊したのは幕府の機能だけです。信長本人だって幕府を滅ぼそうなんてそんな大それたことは考えないでしょう。あくまでそこは守ります。まあ、義昭を成☆敗した時はかなり行動が早かったですがね。いいえ。そもそも、信長に「これで幕府を滅ぼしてやる」なんて意識も無いし、義昭も「幕府はもう終わりだ」なんて意識も無いし、朝廷の公式記録でも義昭は征夷大将軍のままです。あくまで、義昭は京都を一時的に追い出されただけであり、信長はその後は義昭の京都への帰還を交渉しています。ただ、義昭が備後の鞆から京都へ帰らなかったこと、義昭が無力化したこと、その間に新たに織田政権が京都を支配するようになったことから、後世、「1573年に室町幕府が滅んだことにしよう」となった訳です。織田信長が室町幕府を滅ぼしたというのは結果的にそうなったというだけで、滅ぼそうという意識でやっていたわけではありません。やったことは足利義昭を京から追放しただけであり、征夷大将軍の職を剥奪したりしたわけではありません。足利義昭は最終的に毛利家の領地鞆の浦に落ち着き、幕臣達もここに集まり、鞆幕府という政権を維持していました。かつての足利将軍達も繰り返し京から追放されたりしていますが何度も返り咲きをして室町幕府は存在し続けました。たまたま、最後に足利将軍を追放したのが織田信長であり、結果的に返り咲きがなかったので、後から見ると「ああ、あれが室町幕府滅亡の瞬間と言えたのかな」というくらいの話しなので、織田信長自身には滅ぼそうという意識は無かったでしょうし、故に一気にやるなどという類いの話しでもありません。Q「信長は室町幕府を滅ぼすときは一気に滅ぼしたんですか?」一瞬瞬きの瞬間ほどの速さといった物ではありませんでした。室町幕府最後の当主「足利義昭」と争いだしてから義昭が作った「包囲網」のために方々と戦うことになり降伏までに約2年間を擁しました。そして義昭の京から追放し堺に追いやられても他大名や周辺の国人衆などの手前、無碍にはできず義昭の子息?義尋を次期、将軍のように扱うなど1年ほどは苦労し義昭が畿内から離れ備後に向かうまで計4年はモヤモヤした時を過ごしています。義昭を追放した事を滅ぼしたとするなら、一瞬で済みますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です