Menu

血液型検査 最近は出生時に子供の血液型を調べることはしな

血液型検査 最近は出生時に子供の血液型を調べることはしな。「調べたくなったら」です。最近は出生時に子供の血液型を調べることはしないようですが、どのタイミングで調べるんでしょうか 子どもの「血液型」検査。昔は出生時に検査してもらうことが一般的だった血液型ですが。今は赤ちゃんの
血液型を調べない産院もしかし。どこかのタイミングで血液検査をしないと
血液型はずっと分からないまま。て自分のことをもっと知りたいと考えたとき
や。献血に協力したいから血液型を知っておきたいと思うように血液型って一生変わらない。私たちに一番身近なABO型の血液型ですが。どのようにして判定されているか
ご存知ですか?抗体B抗原に対する抗体を調べるウラ検査を行って。
オモテ検査とウラ検査が一致した時に血液型を決定します。このことから生後
6か月未満の子供の血液型を検査しても正しく判定できないのです。また。
白血病やがんの末期ではA型がO型と区別できないくらいに抗原が弱くなること
や。細菌による感染症によってA型がB型の抗原があるように反応することが
あります。

血液型検査。産院によっては出産時に。赤ちゃんの血液型の検査を行っているところもある
ようですが。赤ちゃんの時に調べた血液型は後で変わることがあります。 血液型
を調べる検査には。血液の赤血球を使って調べる検査と。血液の血清を使って血液型は変わる。です。 「血液型を知りたい」といって来院されるかたがよくみられます。血液型
は遺伝的に決まることは知られていますが。それがいつごろにはっきり決定
このように血液型は赤血球の抗原と血清中の抗体によって決定されています。
しかもウラ試験は試薬が長持ちしないので一般的な血液型検査には向きません。子供の血液型を知らない親が増加。おそらく。子供のころに親から伝え聞いた血液型と。大人になって献血などの
機会に知った血液型が異なっていたということが考えられます。出生時に親が
知った血液型検査の結果は不確かなものですから。実際の血液型と

「赤ちゃんの血液型検査の中止のお知らせ」。よく“新生児の時に検査した血液型が。大人になって変わる”といわれるのは。
新生児のときに赤血球側検査オモテ試験だけ行われた場合に。赤血球膜上の
抗原。抗原が弱いために。前述の例のように型や型の人が型血液型を調べたいのですが。こんばんは。院長の村上です。「子どもの血液型を調べたいのですが。いつ頃
検査すれば良いですか?」という質問をお母さんからされることが時々あります
。今回は子どもの血液型検査について簡単にご紹介したいと思います。一般的に
血産科案内/生まれたばかりの赤ちゃんの血液型検査について。このようにABO血液型では規則的に抗原。抗体を持っていることから。血液型
の決定には赤血球側と血漿側をペアで行い血液型にはいろいろな型があります
が。多くのお母様方が知りたい血液型は。ABO血液型と言われるものです。
よく新生児の時に検査した血液型が。大人になって変わるといわれるのは。
新生児のときに赤血球側検査おもて検査当院では輸血や手術など医学的に
血液型が必要な場合を除き。赤ちゃんの血液型検査は実施しないことにしま
した。

血液型検査。しかし。最近では。赤ちゃんの血液型を調べない検査しない病院が一般的
です。理由を尋ねると「緊急時の輸血などに役立てるため」などと説明される
ことが多いようです。そういうわけで。血液型検査「だけ」のために採血を
するのは。子供が痛いのに得られる情報の価値が低く。極めてナンセンスです。
ません自費診療になりますが。例外的に保険診療の時に同時に自費の血液型
検査を行うことは認められていますので。費用負担は発生します。子供の血液型いつわかる。でしょうか。「雑司が谷 赤ちゃん?こどもクリニック」で院長を務める青柳
裕之先生に。血液型を調べる必要性も踏まえて教えてもらいました。最近は
教えてもらえないケースが多いですね。「産まれてすぐは血液型がわからない」
というのが理由の一つのようですが。どういうことなのでしょうか?血液型は
歳くらいまで確定しないということですね。年末年始の急病時に!

「調べたくなったら」です。気にならないなら、一生調べなくても特に不便はありません。あえて不便を挙げるなら、「占いができない」ぐらいでしょうか。書類等に、無意味な「血液型記入欄」があった場合も、「不明」で何の問題もありません。ちなみに、「血液型が変わる」ということは、骨髄移植でもしない限り起こりません。よく言われる「小さいときに調べると~」というのは、「小さいときに調べると、間違った検査結果が出やすく、大きくなったときに調べた場合と検査結果が違うことがある」が正解です。「変わった」のではなくて、「過去の検査結果が間違っていた」だけの話。病気等の影響で「変わる」と表現されることもありますが、これらも「検査結果が変わる」のであって、「血液型自体が変わる」わけではありません。ついでに、緊急で輸血が必要な時でも、事前に調べていても役には立ちません。何しろ、「緊急で輸血が必要」な時、というのは、つまり「不測の事態で大量に出血しているとき」であって、そういう時に「私の血液型は×型です」なんて、医師に伝える余裕がある人は、まずいないでしょう。家族等の到着を待って聞く、なんてのんびりしたこともしませんし、家族等が同行していたとしても、そんな極限状況下で、家族等が正しく血液型を教えてくれることを期待するなんて、ちょっとどうかしています。輸血時に必要な血液型の検査自体は10分程度で済むものなので、命を賭けてまで省略する意味はないでしょう。なお、「どうしても間に合わない」という場合は、O型Rh-の赤血球製剤を使用します異なる血液型でも問題が起きない。さらについでに、「珍しい血液型だったら」ということを心配する人もいますが、この場合は、「この血液型について調べてほしい」ぐらいに指定しないと、調べようがありません。「血液型」はABO型とRh型以外にもたくさんあるので、ざっくり「珍しい血液型ではないか調べて」なんて言われても、医師も困ってしまいます。やるとしたら、近親者に実際に珍しい血液型の人がいる場合ぐらいでしょう。病院で調べる場合は、保険適用外なので、病院次第ですがだいたい2000円~5000円ぐらいだそう。ただし、治療にも予防にも関係ないので、病院?医師の判断で断られる場合もあります。特に、小さい子供の場合は採血自体にもリスクがあるので、注意が必要です。ご存知の通り、採血は注射と違い、「針が刺さったままの状態」で、ある程度動かずにいないといけませんが、乳幼児にそれを期待するのは無茶です。なので、どうしてもやる場合は、布等でぐるぐる巻きにして、動けないようにした上で行う場合もあるとのこと。ちなみにこの場合、親は外に出されます。「こんなにひどい目にあっているのに、助けてもらえなかった」という記憶を残させないための措置だそう。個人的には、子供が自分の意志でどうしても知りたい、と主張しない限り、調べる必要はないと思います。「親の好奇心を満たす」以外の意味がありませんから。私自身は15歳の時に知りました。ちなみに母は救急経験もある看護師です。子供たちは生まれた時に調べました。私がRhマイナスなので子供のRh型を調べるついでに血液型も調べてくれました。医師からは「血液型は、仮ということで。」と言われまし。究極は輸血の時にしらべますが。わたしは、こどものしりたかったので、実費でしらべました。最近はっていうか私も18歳くらいまで自分の血液型は知らなかったです。だから自分で献血して知りました。その後出産の時に輸血の可能性があったので型を調べました。だから人生で型を調べたのってたぶんこの2回くらいなんだと思います。普通に暮らしてれば血液型が必要になるケースってそんなに無いってことなんでしょう。個人的にも、知ってメリットがあるものだとも思わないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です