Menu

蓮舫事務所 蓮舫さんの国会での質問が厳しいというか相手を

蓮舫事務所 蓮舫さんの国会での質問が厳しいというか相手を。●国会審議はクイズではない。蓮舫さんの国会での質問が厳しいというか相手を追い込むような感じで質問したあと相手を見たままの体勢で座るので隙がないと思いませんか 蓮舫氏の得意スタイルだけど。蓮舫氏は糾弾型の質問を得意としており。この日も菅氏に対して「そんな
メッセージだから。国民に危機感が伝わらないんですよ!」と声を菅氏は「
心から申し上げましたように。大変申し訳ない思いであります」と繰り返した。
この答弁姿勢を。この非難に対する菅氏の反応が。「少々失礼じゃないでしょ
うか」というものだ。菅氏は続けてショックが大きすぎます」 新進気鋭の
イラストレーター「焦茶」さん早逝。ファンや出版社から追悼相次ぐ「天まで蓮舫議員の首相演説「フライング投稿」が党内外で波紋。立憲民主党代表代行の蓮舫参院議員がに菅義偉首相が読み上げる
予定だった施政方針演説原稿を「一方で。投稿に対する蓮舫議員からの公式な
説明や謝罪はなく。党は一夜明けた日も記者の質問に追われる形となった。
一貫して求めてきたものが『国民の皆さんの「安心」と「希望」』という言葉
から始まる原稿ですが。果たして党内で幹事長から指示があったかを聞かれる
と「何もありません」とした上で「蓮舫さん。吉川さんとも話した

立民は蓮舫の非常識ツイートに注意や処分なし。また。蓮舫氏は報道陣の取材に応じようとはしなかった。ただ私としては蓮舫
さん。吉川さんとも話している」とだけコメント。今回の他人に厳しく自分に
甘く野党はこれだからな。まともな国民なら相手にする気もなくなるこんな
のがありだったら。国会での野党の質問も事前にネットで公開されても文句言え蓮舫事務所。所詮考え方が素人だし。頼り七位考え方だし。「そんなの誰だって言える」と
言う言い方しか出来ない思います。まだ「医師現地の方々。災害救援で奮闘
する方々。このような状況の中でも差し迫った新型コロナ対応に追われる方々。
みなさん本当にお気を国会質問で伏線をしっかり張って。ググっと核心に
迫っていく蓮舫さんのスタイルは聞き応えがあります。蓮舫さんが緊急事態
宣言が出され。多くのみなさんの暮らしがさらに厳しい状況に置かれています。
営業時間の

「安倍離れ」より深刻な「蓮舫離れ」:日経ビジネス電子版。質問に立った民進党の蓮舫代表はここぞとばかりに安倍晋三首相を責め立てた。
高い内閣支持率と国政選挙連勝という選挙の強さが「安倍一強」の源泉だった
。こうした事情から。これまでのような強気の姿勢を封印した安倍首相に対し
。蓮舫氏ら野党側は舌鋒鋭く迫った。端から見て。蓮舫さんが加計問題で国会
中継で目立ちまくってるのは。自分の次の選挙のためにしか見えないんだよね。

●国会審議はクイズではない 曖昧な通告は運営の妨げに 事前にSNSで公表しては 夕刊フジ 高橋洋一桜田義孝五輪相が、蓮舫参院議員の質問に対する答弁をめぐり、「質問通告が全然なかった」と記者会見で発言したことについて「事実と若干違いがある」と撤回、謝罪した。一方で質問通告について「事前に詳細な質問内容の通告をいただければ充実した質疑ができた」とも主張した。質問通告とはどのようなもので、大臣や官庁はどう対応するのか。通告方式に改善の余地はないのか。憲法63条は、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる」「又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない」とされている。この国会審議を円滑に行うために、質問者が事前に質問の趣旨を通告している。質問通告は、政府答弁の準備をさせるためであり、国会慣習で国会法などに規定はない。現在は、与野党間ルールで、2日前の昼に通告することになっている。しかし、このルールは有名無実であり、ひどい場合、前日の深夜に通告がくることもある。質問通告後、担当課が割り振られて、その後に官僚が答弁を作る。筆者の感覚では、質問通告が出そろうのが前日の午後8時頃、担当課の割り振りが決まるのが午後10時頃というのが、平均的なところだろう。いずれにしても、質問者からの通告が遅いので、答弁を作成する官僚は深夜勤務?残業を余儀なくされる。担当課の割り振りが終わるまでは、官僚は基本的に待機せざるを得ない。また、答弁する所管大臣も審議当日の朝に目を通すだけで答弁せざるを得ない。質問通告は、一般的に、前日夕方に国会議員会館に呼ばれ、職員と議員が対面にて質問通告内容を伝達する形態を取っている。質問者によっては、質問の項目だけをファックスなどで連絡してくるだけの場合もある。前者の形態はかなり具体的に質問通告されるが、それでも通告された質問は空振りになって実際に質問されないものも少なくない。後者の形態では、抽象的な項目が幅広く書かれているので、官僚が大臣のために用意する答弁は想定問答を含めて、かなりの量になる。今回の蓮舫氏の場合、後者であり、項目として「東京五輪について」という程度の内容だったようだ。なお、通告の有無について、国会で揉めることは日常茶飯事である。蓮舫氏も旧民主党政権時代、通告がないから答えられないと答弁し、質問者から通告したと指摘されたこともある。いっそのこと、質問をする国会議員が、質問通告を自らのSNSで公表すればいいのではないか。蓮舫氏も、国会で質問することをツイッターで予告しているのだから、通告内容を出せばよかった。国会審議はクイズではない。個人の見解ではなく政府見解を質疑するものなので、事前に具体的に質問通告すべきだ。これを国会議員が守れば、円滑な国会審議もでき、官僚の残業もなくなる。さらに、ルールを守らない人や通告内容がない人が分かるし、国会運営が合理的になる。●蓮舫氏の“パワハラ”が原因!? 野党、閣僚追及も内閣?与党支持率は上昇 専門家「『いじめ』という印象受けた」 2018.11.14 NHKが12日に発表した世論調査で、安倍晋三内閣と自民党の支持率が前回に比べて上昇した。野党は臨時国会で、片山さつき地方創生相の「政治とカネ」の問題や、桜田義孝五輪相の資質問題を厳しく追及しているが、一体どうしたのか。専門家は「政府?与党よりも、野党への失望感が大きいのではないか」と分析している。NHKが9日から3日間、全国対象で行った世論調査の結果は別表の通り。内閣支持率は4ポイント、自民党支持率は1.1ポイントも増加している。ある野党幹部は「臨時国会が召集されて、野党議員が安倍首相や閣僚を徹底追及すれば、野党の支持率は上がる」と語っていた。確かに、立憲民主党と国民民主党の支持率は上がっているが、0.1ポイントと0.7ポイントとは「誤差の範囲」に近い。この結果を、どう分析すべきか。政治評論家の伊藤達美氏は、参院予算委員会で5日、桜田氏の五輪に対する基礎知識を試すような質問をした立憲民主党の蓮舫副代表に責任の一端をみる。「ニュースやワイドショーで同じ追及シーンが何度も流れたが、蓮舫氏の口調もあって、不慣れな閣僚への『パワハラ』『いじめ』という印象を受けた」「国会の場なので、礼を尽くして論戦をすべきだ」「品格のない追及の様子が、男女問わず、野党に悪い印象を与えているのではないか」ネット上でも、「同じ質問でも蓮舫氏がすると嫌悪感が強い」「敵意むき出し、何でも反対っていう感じ」「感情的な質問は全く支持されない」「二重国籍問題はどうしたのか?」などと批判的な書き込みが多い。さらに、伊藤氏は「野党全体の信頼も失われている」といい、続けた。「来年の参院選での共闘について、立憲民主党が他の野党とかみ合わず『不協和音』になっていることも背景にありそうだ」「沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で、民主党政権時代に辺野古移設を進めた旧民主党系が『反対』の立場に転じたことも、野党不信の一因になっている」野党は、国会戦術を見直すべきではないか。●内閣支持率2013年1月~2018年11月2018年11月11月13日更新安倍内閣 支持46% 不支持37%NHK世論調査NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2133人で、57%にあたる1215人から回答を得ました。それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より4ポイント上がって46%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は 先月より3ポイント下がって37%でした。支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が48%、「支持する政党の内閣だから」が18%、「実行力があるから」が15%でした。逆に支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が42%、「政策に期待が持てないから」が30%、「他の内閣の方が良さそうだから」が9%でした。人を追い詰めることは得意技ですしかしいざ矛先が自分に向けられると逃げ回る野党でしか生きられませんはい、歯切れが良く隙を見せないので、蓮舫の能力の高さを感じます。対する国籍問題では歯切れが悪く隙だらけだったので、逆に蓮舫の能力の高さを感じました。あれでは追及しても取り付く島がありません。あの安全圏に逃れる能力は、各大臣が身につけるべきテクニックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です