Menu

産油国に頼りっきり 車好きの父親が日本のガソリン精製は質

産油国に頼りっきり 車好きの父親が日本のガソリン精製は質。レギュラーとハイオクに精製や品質の違いは無い。車好きの父親が「日本のガソリン精製は質が良いからレギュラーでもハイオク並みに良いからハイオク車両にレギュラー入れても大丈夫」と、豪語するんですが
ハイオクとレギュラーはオクタン価 が違うから分けられてると私は何かの資料で見てます
そうなると、精製技術が幾ら良くても、オクタン価が違うから関係ないと、思ってます
父親に理解させるためにはどうすれば理解して貰えるでしょう ガソリンの高い国と安い国。イイね! ; クリップ ガソリンの高い国と安い国 こんにちは。スタッフです。
クルマに乗る上で重要なものの一つ。燃料の価格。原油価格の下落で。世界的に
燃料の価格は下がっているようですが。日本は円安が進んでいるので。あまり
大きく価格がとはいえ。一時期の高価格からやや下がりましたが。また最近
上がりつつあります。んが。これも日本の価格を見るとレギュラーガソリンの
価格となっているので。中心の質のものとしてみてみてください。

ガソリンの安い地域トップ5。ガソリンに限らず輸送費が掛かる地域や場所は。それだけ価格に転嫁されること
が多いと考えていいだろう。基本的には。ガソリンも同様と考えていいはずだが
。原油から製油所コンビナートで精製されるガソリンの場合はどうなのだろうか
。日本の製油所は…中古車を購入するなら。高品質で安価な一台を手に入れ
たいものですよね。車の豆知識ガソリンのレギュラーって?『ガソリンはレギュラー。日産 セレナについての情報を交換するなら。日本最大級の「価格 クチコミ
掲示板」で。レギュラー車のエンジン自体がハイオクのオクタン価で設計され
ていないのでもう一台父親が乗っている年式軽のターボ車セルボも同じ
ように。レギュラーではちょっとアクセル踏み増しただけで本人がいいなら。
好きにすれば?まぁ簡単に言いますと。最近では精製したガソリンから。
さらに不要な硫黄分などを取り除き。ガソリンの純度を高めたものが

産油国に頼りっきり。関連記事ガソリンは「つねに満タン」「こまめに少なめ給油」クルマの
コンディションや燃費にいいのはドッチ!?日本書紀には燃ゆる土や水の記述が
あるし。縄文時代には矢じりと軸をくっつけるために。石油から採れる
アスファルトが石油精製工場のイメージガソリン #ハイオク #レギュラーガソリンの小売価格。原油の輸入価格に精製費など石油元売り会社のコストと利益。ガソリン税など
税金を加えたのが卸価格。各社は。昨年1月から今年4月までに卸価格を22
―26円程度引き上げたが。この間のレギュラーガソリン小売価格の上昇幅
祖父が沖縄本島南部への撤退の決断をした旧日本陸軍第何をして過ごせばいい
のか」「ゲームばかりやるのでは」-。件の保険を残して亡くなった男性の
父親の契約書類。転落の車から高齢夫婦救出 少年人に紅綬褒章 川に飛び込む
「と

レギュラーとハイオクに精製や品質の違いは無い。オクタン価の違いは簡単に言うと燃えやすいか燃え難いかの違い。オクタン価が高いほど圧縮熱での着火がしにくいだけ。ハイオクを使うエンジンは、圧縮比が高いエンジンやターボ等の過給により圧縮が高くなるエンジンに使う。圧縮が高いと圧縮熱も高くなり、燃えやすいレギュラーではプラグで点火する前に圧縮熱で燃焼が始まってしまうので、燃えにくいハイオクを使う。また高圧縮下ではきれいに燃焼させる事が難しく、カーボン等の燃えカスが残りやすくなるので、ハイオクには洗浄剤が添加されている。その洗浄剤も汚れきったエンジンをきれいにするような物ではなく、汚れを防止する程度の物。汚れきったエンジンがきれいになるような強力な洗浄剤なら、オイル皮膜まで落としてしまいます。またハイオクエンジンにレギュラー入れると日本車に限ってですが、点火時期を自動で遅角させ、ノッキングを防止するようにはなってます。ですが、それはあくまでノッキングでエンジンが壊れないようにしてるだけの事であり、エンジンには常に無理が掛かっています。またレギュラーばかり入れてるとエマージェンシー用まで点火時期が遅角し、次にハイオク入れても自動で点火時期は元には戻らなくなります。例えれば、プラスネジをマイナスドライバーで回してるようなもの。マイナスドライバーがねじ山に入れば回せるのは回せるが、何回も回すとねじ山が潰れて行くのと同じです。でもこれは日本車に限っての事。ヨーロッパ車の多くのエンジンは日本のレギュラーガソリンに対応してないエンジンが多いので、レギュラー入れるとほぼ確実にトラブルを起こします。つまりハイオクエンジンにレギュラー入れる事は、それだけ無理があるって事です。壊れるとか汚れると書いてる方は試した事があるんでしょうか?R34スカイライン2000GTにレギュラー入れて17年18万キロ乗って何の問題もありませんでした。10万キロで交換したプラグ見ても全く問題なし、カーボンなどの汚れはありませんでした。日本車はハイオク仕様でもレギュラーで乗れる様にはなっている車が多いですね。先の方が言われる様に点火時期を変更して対応します。燃費の悪化、パワーダウンもここでよく言われる様な事はありません。まあターボ車だと高回転域でパワーダウンは体感するかもしれませんがNAでそれはまずありません。ハイオク仕様が出始めた初期の頃の車はひどいノッキングでとても乗れないという経験はありますがR34が出た頃、1998年ぐらいですか、それから後の車ならまず問題はないのではと思いますが。ただ精製云々は確実に間違った知識なのでそこは正しておきましょう。お父さんが何を信じる人なのか?ですね本に書いてあることしか信じないのなら本を買ってやればいい ネットでしか信じないのならネットで探して見せてやればいい。貴方の言う事は信じないと言う事を前提にしています。ハイオク車両にレギュラー入れても大丈夫自己責任長年走行すると吸気系が汚れる日本のガソリン規格レギュラーガソリン日本JIS規格オクタン価89以上と規定ガソリンスタンドではオクタン価90~94を一般販売ハイオクガソリン日本JIS規格オクタン価96以上と規定ガソリンスタンドではオクタン価97~101を一般販売今のほとんどのハイオク車はオクタン価の低いレギュラーガソリンを入れてもノッキングを検知するとコンピューターが補正をかけるので壊れずに走れます。ただし、燃費や出力は悪くなります。つまり、ガソリンではなく車の制御技術が上がってるんです。それらの車は基本的にカタログにもレギュラーも可と記載があります。あなたの言うように、レギュラーとハイオクではオクタン価を基準に規格が違うものなので、古いハイオク車にレギュラーを入れて走ればそのうち壊れます。大きな間違いがあるので現在は日本企業の精油会社は存在しませんすべて外資です。昔の「何か」を信じているのでしょう。話しても説明も無理かも知れないので魔法のコトバを伝えときます。「そーなんだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です