Menu

独ソ戦が開始 まやかし戦争の時期に独軍が独ソ戦を開始した

独ソ戦が開始 まやかし戦争の時期に独軍が独ソ戦を開始した。1939年10月から1940年5月の間のいずれかにソ連に侵攻開始とします秋冬攻勢はまず無理なので、40年春が可能性高いのですが。まやかし戦争の時期に独軍が独ソ戦を開始した場合にドイツに勝機があるのででしょうか ドイツはフランス侵攻しなければ英仏が攻撃してこないことを確信していたとします 仏国境に最低限の防衛戦力を残し、1939時10月から1940年5月の間のいずれかにソ連に侵攻開始とします また、早期にソ連を攻略したら(この場合モスクワ占領でソ連が降伏すると仮定します)、返す刀でフランスも占領可能でしょうか 露と仏を降伏させた場合、ドイツに有利な条件で英米と講和できるでしょうか 独ソ戦が開始。独ソ戦 1941年6月。独ソ不可侵条約を破棄したドイツが突如。ソ連に侵攻。
第二次世界大戦が拡大し。ドイツ軍は北部では作戦を開始することは不利で
あると考えられるが。そのような常識的な戦況判断を越えたヒトラーの信念で
あったらしい。彼らは。独ソ戦は「世界観戦争」であるとみなし。その遂行は
仮借なきものでなければならないとした。ヒトラーも同じように1812年に
心を奪われ。いかなる場合にも退却してはならぬという命令を矢継ぎ早にはし
ていた。

1943年1月2月の『朝日新聞』?『毎日新聞』紙面にみる。東条首相も月日衆院予算総会で,「本年は相当深刻な事態に,場合によっては突入
まず,独ソ戦と太平洋戦争の経過を概観しておきたい。 ドイツ軍は
スターリングラード攻撃を開始したが, 月日には個師万人が包囲され,翌
独ソ戦に対する日本政府の態度も,この時期を境として大きく変ったのである
。独ソ戦勃発のカ月からカ月半後のドイツ軍がモスクワに迫ったころ。ソ連
をよく知ヒトラーはなぜソ連と戦争を始めてしまったのか。本書『独ソ戦――絶滅戦争の惨禍 』岩波新書は。第二次世界大戦の帰趨を決め
たドイツとロシアの死闘を。通史的に描く。最新研究をもとにししたがって
対ソ戦の緒戦でドイツ軍はめざましい戦果をあげ。怒涛の勢いでソ連の国土に
進軍する。 当初ドイツは短期したがってナチスドイツによる対ソ戦開始は。
ソ連の影響下にあった東欧では歓迎された。長期化した独ソ戦は「グロッキー
になったボクサー同士の戦い」と言われることがあるそうだ。フラフラに

第二次世界大戦。対する東部戦線は。枢軸国とソビエト連邦の戦闘を指す独ソ戦。, ドイツ陸軍
のポーランド侵攻と。それを受けて行われたこの時期はまやかし戦争と
呼ばれる。年月。ドイツ軍は北欧の資源確保を目的としてデンマーク
および地域を広げ。連合軍はノルウェーから撤退した。, 年月。ドイツ軍
によるベネルクス三国およびフランス侵攻が開始された。また。規模は小さい
場合がほとんどですが。太平洋戦線に関するコーナーも必ずあります。, 展示の
終わりには。ジャパンナレッジで閲覧できる『第二次世界大戦』。これに対し第二次世界大戦は。二つの中心をもち。ヨーロッパでは英独戦争。独
ソ戦争。東アジアおよび太平洋では日中年月に始まる太平洋戦争は。
確かに日本にとって重大な段階ないし局面を意味するにしても。この時点に第二
次世界大戦の開始時期をポーランドに侵攻したドイツ軍は。
週間足らずでポーランド軍主力を撃破した。北ノルウェー駐屯部隊を強化し。
万一ソ連軍が攻撃してきた場合。ペツァモ地域のニッケル鉱山を確保しようと
した。

ヨーロッパにおける第二次世界大戦。ドイツのヨーロッパ覇権の実現には戦争が必要であると。指導者たちは計算し
ていました。ソビエト連邦との中立性を確保した後年月の独ソ不可侵
条約により。ドイツはにポーランド侵攻によってて応戦しま
した。か月も経たないうちに。ポーランドはドイツ軍とソ連軍に敗れ。ナチス
ドイツとソ連に分割占領されました。とっていた低地帯オランダ。ベルギー
。ルクセンブルク。およびフランスに侵攻し。西ヨーロッパへの襲撃を開始
しました。

1939年10月から1940年5月の間のいずれかにソ連に侵攻開始とします秋冬攻勢はまず無理なので、40年春が可能性高いのですが。確かに仏&英米にとって、ドイツよりもソ連が脅威でした。なんらかの秘密交渉で西部戦線を膠着させます。39年9月まで、ノモンハン事件が続いていたので、冬の期間は「敗北」した極東ソ連軍の立て直しと、恐るべき関東軍に対する戦力回復で、スターリンは東に戦力を集中しています。無論、日ソ中立条約はありません。40年春に十分な準備をして、バルバロッサ作戦を開始していれば。○フランスが背後を攻めても、持ちこたえられる。○関東軍70万に対峙する極東ソ連軍を動かせない。○日米はまだ開戦に至らず、米国はソ連を援助出来ない。○むしろ米英はソ連の敗北を願い、フランス不可侵等を条件に密かにドイツ応援……。〇熟し柿理論によって、ドイツ軍がスターリングラードあたりまで突破したら、日独防共協定によって関東軍もシベリア侵攻。多分モスクワ陥落前に和平を乞うか、スターリンはウラル山系に逃げ込んで徹底ゲリラ戦をやらかすか。勝つ可能性は高いです。それからがいけない。一般住民の弾圧と虐殺を繰り返せば、人民は叛乱を起こします。あとの占領製作しだいで、「勝利」が確定すると思います。たられば、ですね。ソ連を攻撃すれば、その前にポーランドを突破せねばならず、英仏との戦争になります。懲りずに二正面作戦です。そのためにソ連と条約を締結し、背後から撃たれないようにしました。そして英仏を始末しました予想外に早く終わった。それでソ連に向かいました。ヒトラーは41年内に「終わる」と考えていました。何故なら、フィンランド戦でもたもたしていたから。機甲部隊はシベリアに左遷されていた。日米開戦も「これで米国は二正面作戦だ」と考えました。実際は、日米戦は海軍の戦いでした陸軍は欧州に派遣された。ヒトラーの判断は全て素人でした。ここが問題です。注:ソ連攻撃は5or6月が時期になります10~5は冬。中々に面白い考えですが、当時のフランスは非常に強力な陸軍と防衛設備を持っていました。そしてその戦術ドクトリンは専守防衛。ドイツはそれを打ち破るため、電撃戦のドクトリンを生みだし実践した。したがって40年春に独ソ戦を始めた場合、電撃戦のドクトリンは理論値でしかなく実際にソ連開戦で電撃戦が使用される可能性は、非常に低いと言わざるを得ないと考えている。その場合、史実のバルバロッサ作戦の様な突破は期待できないし、従来の歩兵主体の戦闘になっていたのではないかと考える。また、40年は戦時体制に移行してすぐなので、広大なソ連に侵攻するには機械機動力がまったくもって不足している物と考える。対仏戦の黄色作戦が成功したのは戦力の集中を行ったことにもよると考えている。よって独ソ戦がもたもたしているうちに仏国本土に英国派遣部隊をためて独逸本国に押し寄せるというのが見えますね。ドイツとソ連との間にはポーランドが存在しているのでドイツがソ連と直接戦う事が出来ません。第一次大戦に従軍経験のあるヒトラーにとってフランスを屈辱的な敗北に追い込みたいというのが優先順位の高い目標であって、東部の安全をポーランド侵攻で確保、ロシアにもポーランド割譲で油断させておいて、まずは散々コケにしてくれたフランスさんへのお礼参り、ドイツ国民の失われたプライドの回復を掲げてきたナチス党ですので、最初にソ連では国民が納得しません。また英仏からの干渉を事前に排除する目的もあったと思います。ですので最初にソ連侵攻は考えにくい、これが私の回答です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です