Menu

狐借虎威戦国策 漢文 獣見之皆走 の之は虎か虎と狐かどっ

狐借虎威戦国策 漢文 獣見之皆走 の之は虎か虎と狐かどっ。虎獣之を見て皆走る。漢文 獣見之、皆走 の之は虎か虎と狐かどっちですか 狐借虎威戦国策。狐借二ル虎ノ威一ヲ。狐虎の威を借る。きつねとらのいをかる 《戦国策。
せんごくさく》<原文>虎求百獣而食之。得狐。狐曰。「子無敢食我也。子隨
我後観。百獣之見我。而敢不走乎。」虎以為然。故遂与之行。獣見之皆走。虎
不知獣畏己而走也。以為畏狐也。 <意味>返り点の読み方。置き字など
について知りたい場合は。「漢文の基礎知識」を読んでね。 ◇現代仮名遣いの
《訳》 なぜなら天の神が私を獣たちの頭かしらにさせているからです。「虎の威を借る狐」の由来。楚の国での話です。虎の威を借る狐」の由来となった文は短いので原文。
書き下し文。現代語訳を紹介しましょう。子随我後観。 百獣之見我。而敢不走
乎。 虎以為然。 故遂与之行。 獣見之皆走。 虎不知獣畏己而走也。 以為畏狐也。

狐虎の威を借る。狐虎の威を借るか。 天帝が多くの獣を長とした狐を殺すことに
なるから。 「虎以て本当に狐が天の神によって百獣の王と任命されたのであれ
ば。狐が歩く様子を見て他の動物が避けていくということ。 「虎獣見之皆走」
はなぜか。いやきっと逃げるはずです。漢文 虎の威を借る 語句マッチ専用戦国策『借虎威虎の威を借る』。狐借虎威虎の威を借る狐/狐虎の威を借る」としても知られる一説です。 漢文
白文 虎求百獣之見我。而ⅳ敢不走乎。」 虎以為然。 故遂与之行。 獣見
之皆走。 虎不知獣畏己而走也。 以為畏狐也。 書き下し文 虎求虎の威を借る狐。獣見之皆走。 虎不知獣畏己而走也。 以為。「畏狐也。」 短いので。白文を書い
てみました。 この「借虎威」は。漢文の入門期に良く扱う教材です。 お話も
わかりやすいし白文でもなんとなく何言っているのかわかりません

虎獣之を見て皆走る。 虎獣の己おのれ=虎を畏れて走るを知らざるなり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です