Menu

新型コロナ流行下で買い物難民が増加 過疎地域の難民につい

新型コロナ流行下で買い物難民が増加 過疎地域の難民につい。サービスエリア内であれば利用することはできると思いますが、高齢者がネット宅配を始めるのはハードルが高いです。過疎地域の難民について質問です 地方の過疎地域の買い物難民のニュースを見ますがそういう地域はアマゾンのお急ぎ便の様なサービスは無理にしてもコープ系のようなサービスも宅配できないのでしょうか 限界集落にもさまざまあると思うのですが一定の人数いればサービスとして成り立つような気がします 仮に成り立たなくても行政が補助金を出すとかできないのでしょうか また注文がネットだったリスのもネックなのかもしれないですが行政がタブレットなどを貸し出せば安否確認など行政としてのメリットもあるように感じます
長くなってしまいましたが質問内容は過疎地域はコープなどの宅配もできないのかって事です
よろしくお願いします 新型コロナ流行下で買い物難民が増加。はじめての方へよくあるご質問ログイン入居相談センター 無料そのため
。過疎地域に住む高齢者が利用していた店舗がなくなって。食料品の購入が困難
になるケースが増加しています。多くの自治体が。買い物困難者の問題
について解決策を模索している段階です。までの十分な移動手段のない「
買い物難民」が増えています。この背景には。単身高齢者の増加や。免許返納
などが。買い物難… 続きを読む在宅介護医療?介護職の地方移住の可能性。

「『買い物弱者』をどう支えるか」視点?論点。買い物弱者が発生する地域はさまざまですが。高齢化と流通の後退が先行して
いる多くの過疎地では。すでに深刻な問題に直面しています。買い物環境の悪化
が生活をより不便にし。その地域の人口流出を加速させ。地域衰退の一因となっ
てい食料品アクセス買い物弱者?買い物難民等問題ポータルサイト。我が国では。高齢化や単身世帯の増加。地元小売業の廃業。既存商店街の衰退等
により。 過疎地域のみならず都市部も。高齢者等を中心に食料品の購入や飲食
に不便や苦労を感じる方いわゆる「買い物難民」。「買い物弱者」。「買い物
的に連携し。民間企業や。地域住民等の多様な関係者と連携?協力し
ながら継続的に取り組んでいくことが重要です。 農林水産省では。全国の地方
公共団体や民間事業者等が食料品アクセス問題の解決に向けた取組に役立て
られるよう。

サービスエリア内であれば利用することはできると思いますが、高齢者がネット宅配を始めるのはハードルが高いです。コープの職員や役場の人が教えればって言っても、まったく手にしたことのない方に生活に不自由がないレベルまで教えるのは大変です。また、ネットで注文したらその品物が来るという感覚は、今のネット社会に慣れた人には当たり前ですが、食料品については現物を見て決めたいという人は中高年には多いです。そういう地域には移動販売自動車でその地域まで生鮮品、日配品を売りに来るという方法もあり、自治体の補助でそういう業者も活動しています。コスト的には厳しいので、営利目的よりもNPO活動に近いものになりますが。サービスは沢山ありますよ。老害がそれを使わないだけです。テレビの取材には不便だとか答えているかもしれませんが、過疎地域を捨てられないいわば引きこもりみたいなもんですから、心配する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です