Menu

憲法改正の課題 憲法に9条改正について 憲法9条に自衛隊

憲法改正の課題 憲法に9条改正について 憲法9条に自衛隊。なんとも言えませんね。憲法に9条改正について 憲法9条に自衛隊を明記する事について、世論は賛成、反対どちらの方が多いですか 憲法改正の課題。彼らは。護憲派を平和ボケと呼んできたけど。本当は平和ボケがひどいのは『右
』と称する連中で。そのことは安倍首相のあの改憲案にも現れている。???
日本の領土?領海のうちで武力衝突が起こる可能性がこれだけ高まっていて。
しかも4つの「変えたい」こと自民党の提案。自衛隊」の明記と「自衛の措置」の言及 現状 ○自衛隊の活動は多くの国民の
支持を得ている○自衛隊について。①合憲と言う憲法学者は少なく。②中学校の
大半の教科書が違憲論に触れており。③政党の中には自衛隊を違憲と主張する
ものもある 改正の方向性 ○憲法改正により自衛隊をきちんと憲法に位置づけ。
「自衛隊違憲論」は解消すべき○現行の条項?項とその解釈を維持し。
自衛隊を明記

憲法9条ガチで議論してみた。一方。当初は自衛隊を明記することに賛成だった18歳の男子学生は「まだ判断
できない」と。立場を変えました。その理由については「もともと。9条
についての知識がないまま来ていたので。この場に来ている人たちの意見日本弁護士連合会:憲法9条の改正議論に対し。1 自衛隊等明記案では新たに憲法9条の2を設け。憲法9条の規定は「必要な
自衛の措置」をとることを「妨げする憲法9条の改正議論に当たり。その課題
ないしは問題を明らかにすることにより。国民の間で憲法改正の日本国憲法に自衛隊を明記する憲法改正案に反対する会長声明。そして日本国憲法は,条において,一切の戦争と武力の行使及び武力による威嚇
を放棄し,戦力の不保持と国の交戦権を否認このような自衛隊を憲法に明記
することは,憲法条項の戦力不保持の例外として集団的自衛権をも行使しうる
自衛隊を明記自衛隊を憲法上の極めて重要な機関とするのであれば,その基本
的な権限,実力行使の限界や統制についても憲法上明確にされなければならない

意見書。は。憲法条のを追加することによって。憲法条の規定は「我が国の平和と
独立を守り。国及び国民の安全を保つためそこで。自民党条改正案による
憲法改正については。以下の点について。十分かつ慎重な議論が尽くされなけれ
ばならない。②自民党条改正案のとおりに自衛隊を憲法に明記した場合。
自衛隊の行動に対する手続面からの立憲的統制の仕組みはどのようにあるべきか
手続統制。憲法改正:9条をめぐる論点。第条 日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し。国権の
発動たる戦争と。武力による威嚇又は武力の行使は。この条文を巡り。戦後
つくられた自衛隊についてさまざまな議論がなされてきた。条改正を巡る
論点は主に。①自衛隊を憲法に位置づけるべきか。②自衛権を憲法に明記すべ
きか。③非軍事。または軍事力を含む改正が必要」と答えた人の理由としては
「自衛力を持てることを憲法にはっきりと書くべきだから」%。「

なんとも言えませんね。その世論というのが、正しく安倍自民党の言っていることを認識しているのか現状では疑問ですし。今の日本国憲法では日本を守れないとか言っている改憲派の皆さんは、本来なら安倍自民党のやろうとしている改憲には反対しなければおかしい。だって、彼らの問題意識の解決には全くならない改憲なのですから。ところがなぜか、そういう自称保守の皆さんは相変わらず安倍首相を支持している。結局、どんな改憲なのかはどうでもいい、それが今の改憲派なのだとすると、その賛成という声もきちんと理性的に考えた結果じゃない。賛成?反対どちらが多いかと言っても、現状ではほとんど意味が無いと言えるでしょう。*****安倍首相やその支持者は憲法に自衛隊を明記することで自衛隊を違憲と言わせないとか言ってます。でも、自衛隊が違憲と言われるのは、憲法に書かれていないからではなく、9条2項に戦力を持ってはいけないと書いてあるから。その条文がそのままなら、自衛隊が戦力に該当すると言われるような運用をすれば、相変わらず自衛隊は違憲と言われることになります。国会が憲法に書かれていたって、定数配分が著しく不平等なら、別の条文に書いてある法の下の平等に抵触して、国会も違憲状態と言われるのと一緒です。一方、自衛隊明記なんてことをしたところで、自衛隊のもつ兵器がアップグレードされるわけではなく、予算が増えるわけでもなく、自衛隊志願者が激増するわけもなく、ましてや、それで日本を敵視する国が手加減してくれるようになるなんて、絶対にあり得ない。つまり、日本の抑止力が高まる効果は全くない。結局、国民にとって何のメリットもない、ただ改憲してやったぞという首相とその支持者の、そして憲法に書かれたぞという一部の自衛隊員の自己満足にしかならない改憲となるはずです。*****では、この改憲で首相やその支持者はどんなメリットを期待しているのでしょう。首相は自衛隊員が「誇り」を持って任務を全うできる環境を整える、とか自衛隊幹部に訓示していましたけど、「誇り」を持てるか持てないかで、自衛隊員の仕事の出来不出来が変わるんでしょうか。そう考えているとしたら、この改憲案は自衛隊員に対する侮辱ですね。そして、国民へのメリットという点では、自衛隊員に「誇り」と持たせることに何か意味があるとしたら、「誇り」を持った自衛隊員はより危険な任務に率先して従事するようになる、その分、国民が安全になる、という発想くらいしか、私も思いつきません。これが改憲派の本音だとすると、この改憲案は、自衛隊員をこれまで以上に危険な目に遭わせるための環境整備ってことになります。死んでもらいたいから、誇りを持たせてあげる、だなんて、戦前の日本が国民に戦争で死んだら靖国神社で神様としてまつられるのだ、と言っていたのと同じ。つまりこれは、自衛隊員の命をより奪いやすくするための、人の道に外れた改憲だということです。国民の9割は自衛隊を合憲だと思ってるから「何で明記するのか解らない。」又は「残った1割を黙らせるだけの為に800億も使うのは税金の無駄遣い」と思っている人が大半でしょう。条文案が出たのは直近ではありませんかね。それに対する意見を調査した結果というのは見た事ないです。第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。—– 以下を追加 —–第九条の2第1項前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。第2項自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です