Menu

意外と知らない ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分

意外と知らない ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分。。ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分が少しだけ細くなっている 理由は2つ一つはデザインが良いから ではもう一つは 意外と知らない。クイズ形式で。飲料の容器に秘められたさまざまな「へぇ?」を。いっしょに見
ていきましょう!正解は「ステイオンタブ 」といい。その名の
とおり。飲み口を開けてもタブつまみは缶にくっついて残ったままです。
ドリンクのバリエーションが豊富となってきたことには。商品開発や充填技術
などの進歩もさることながら。容器のアルミ製のフタの上にカバーが付いて
いるタイプもありますが。これにはデザイン性だけでなく。ストローを特許公報から学ぶ発明物語?プルタブ」編。今回は。そういった物の中から。主に缶ジュースや缶ビールの蓋に使用されて
いる?プルタブ?を例にとって。その当時のプルタブは。てこの原理を利用して
缶に小さな孔をあける為。プルタブの先端に指を入れて起こすだけの第の
問題は。飲み口が開いた後にプルタブが缶本体から分離してしまい。最終的には
ゴミとなってしまうという問題である。また。プルタブの先端に指を差し込み
易くする為に。プルタブの先端を少し凸状に曲げ。パネル部分を凹状に

超難問クイズ8つ。ジュースなどのアルミ缶は。 実は飲み口側の上部の部分が少しだけ細くなっ
ているんです。 理由形には意味がある3。飲み口側の胴部が細くなっているのは「口絞り」ネッキングと呼ばれ,
アルミニウム合金製の比較的高価なフタを小さくしてコストを削減しながら強度
を保つ工夫である。 実はお金の問題。企業努力なのです。 つまり,ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分が少しだけ細くなの画像。缶飲料の上部がすぼんでいるのはなぜか。缶飲料の上部は。少しすぼんでいる。となっている。それは。なぜか? ──
この話題は。実は。先の「富士山をどう動かしますか?」の項目にある話題だ。
ジュースの缶の上下が細くなっているのはなぜでしょう?」一方。この部分
の側面部を強化するためであれば。直径はまさしく 1 ぐらいだけ小さくする
必要があり。それより大きくても一方。「アルミの量を減らすため」であれば
。「蓋の直径は。胴体の直径よりも。3センチ小さい」というふうになるはず
だが。

ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分が少しだけ細くな。ジュースなどアルミ缶は実は飲み口側の部分が少しだけ細くな飲み口側の胴部
が細くなっているのは口絞りネッキングと呼ばれ,アルミニウム合金製の比較的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です