Menu

市川駅の情報 市川駅は総武線快速のホームは国鉄では珍しい

市川駅の情報 市川駅は総武線快速のホームは国鉄では珍しい。北千住の配線は、優等列車の停車/追い越しを想定したものというより、非常時の同駅での常磐線快速/中電/特急の折り返しに備えたものと考えるべき。市川駅は総武線快速のホームは、国鉄では珍しい通過線方式になっているのはなぜですか

東海道線の横浜駅のような2面4線でもいいと思うのですが 土地が取れなかったのでしょうか 市川駅の情報。東日本 市川駅に関する情報。写真および印象記です。乗降客では本八幡を
下回ります写真市川駅ホーム奥は東京方。快速線の外側
に通過線があるため面線となっており。快速が特急列車の通過待ちを行うこと
がしばしば事業者 東日本旅客鉄道東日本; 路線 総武本線; 系統 総武線
快速。中央総武各駅停車; 所在地 千葉県市川市市川丁目; キロ程市川駅は総武線快速のホームは国鉄では珍しい通過線方式にの画像。総武快速線開業から47年:。いまは色灯信号機があるが。開業時はATC車内信号機方式であった。国鉄
でも同じ113系番台ながら東京トンネルを運行する車両は新A-A基準に
準拠し。あわせてATC車内信号機を設置した113ダッシュ系1000番台車
が製造され横は電留線になっていて電車が停車しているが。本来4番線ホーム
に接する1線は電留線ではなかった。錦糸町駅は市川駅と同様の外側通過線を
持つ準備工事をやっていたのである。総武快速26市川駅

総武線快速?総武線緩行。名前。名無し野電車区。日 総武線
現状の新小岩?市川停車がおかしいのだけれど。通過となったら不満が出るだ
ろう。土 市川駅ではなく本八幡に快速を停める
べき。市川も国鉄型面線+緩行ホームくらいなら今のスペースでも可能だっ
たかも市川駅。駅名が「市川」であるため。中心駅と思う人も多いが。実際には市川市の中心駅
は本八幡駅であり。当駅は中心駅ではない地上駅。島式ホームである。2番線
と3番線の間と。4番線の外側にはそれぞれ通過線がある。総武線快速では特急総武線快速?総武線緩行。図書館で総武快速線建設誌を紐解いたが。実際。当時の国鉄は方向別も検討し
てい市川駅より本八幡駅のほうが遥かに開けてるのに。本八幡駅に快速線
ホームを年当時のダイヤでは日中に東京駅を特急の分前に発車した
快速が千葉現状の新小岩?市川停車がおかしいのだけれど。通過となったら
不満が出るだ

北千住の配線は、優等列車の停車/追い越しを想定したものというより、非常時の同駅での常磐線快速/中電/特急の折り返しに備えたものと考えるべき。実際に、日暮里駅の常磐線ホーム拡幅工事のため常磐線快速/中電は始発から夕方まで上野ー北千住間を運休し、常磐線特急が北千住駅2番ホームに臨時停車し同駅で折り返し運転したことがある。ただし快速/中電は三河島から貨物線に入り田端操車場まで引き上げて折り返していた。また事故で常磐線快速用線路が支障した場合、快速/中電が北千住折り返しになることは珍しくない。松戸方が支障した場合は東京方面?上野?北千住間、日暮里方が支障した場合は北千住?取手方面。前者の場合は、緩行線さえ動いていれば北千住まで運べば松戸以東へは緩行線に誘導可能、後者の場合も北千住まで運べば日暮里?上野方面へは千代田線と日比谷線に振替輸送ができる。そういう輸送上の結節点として、非常時には北千住折り返しが可能な配線にしているわけ。横浜駅の東海道線の配線も、優等列車のための退避/追い越し目的というより、東京方が支障した場合に、横浜以西平塚方面との列車を横浜駅で折り返させることを目的と考えてよいと思う。新幹線開業以前も横浜駅で特急?急行が普通を追い越すことはほとんどなかったから。東京方が支障した場合、平塚方面からの列車はとりあえず横浜まで運べば、東京方面への乗客の誘導は京浜東北や横須賀線が動いていればそちらへ、それも止まっていれば京急や東急に振替えることもできる。一応、そういう非常時対応を想定した配線になっている。市川駅の場合は、退避/追い越しだけを想定した同駅の優等列車の停車も想定せず配線で、非常時の同駅での折り返しは想定していない。総武線快速は東京ー津田沼間に折り返し設備がないが、もし東京方が支障しても津田沼方が支障しても、緩行線が動いていればそちらに誘導することが可能だし、緩行線も止まっていても京成線?東西線?都営新宿線に振替ができる。非常時に「快速市川行き」を設定しても無意味とはいわないがあまり有益性がないと判断しているのだろう。「土地が取れなかったのでしょうか」まあ、土地が余っていれば、快速用に2面4線のホームを作って折り返し設備を作った可能性もゼロではなかったろうが、土地がなくてもどうしてもホームを作る必要があれば、万難を排して用地を取得したはず。非常時に市川で折り返すべき必然性が低かったから、通過線方式でよしということになったのだろう。市川は横浜のような主要ターミナル駅とは違い東京千葉間の中間駅で優等を停める予定が無かったから。*当時の国鉄ならこの線は優等は東京千葉間ノンストップですね。土地が取れなかったということもありますし、特急や急行を停める予定がなかった、市川折り返しの列車の設定もなかったからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です