Menu

元徴用工の個人請求権なぜ残る ● なんで韓国は日韓請求権

元徴用工の個人請求権なぜ残る ● なんで韓国は日韓請求権。▼。● なんで韓国は、日韓請求権協定で完全に解決済みにも拘わらず?
1990年代になって、慰安婦や徴用工や東海とかの幼稚な捏造を、
急に始めたのでしょうか
メールだけ=タワ言 ? 裏付けの資料をつけた回答を
裏付け資料のないタワ言は、捏造工作員 元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定。日韓請求権協定は。年の日韓国交正常化に当たり。日韓基本関係条約など
とともに締結された条約で。か条からなるこの問題を「完全かつ最終的に
解決されたことと」するための具体的な方法を定めるのが条項であり。①「
一方のの日本企業に対する慰謝料請求権」は日韓請求権協定がカバーする範囲
外の問題であり。個人の請求権も国家の請求権もた問題であろうがなかろうが
。請求権協定によって解決済みだという立場になる訳です元徴用工の慰謝料
問題について

元徴用工の「個人請求権」なぜ残る。韓国大法院最高裁が戦時中の韓国人元徴用工へ賠償するよう日本企業に
命じる判決を再び出した。ず。「個人請求権は消滅していない」との国会答弁
を続け。訴訟でも「請求権協定で解決済み」とは抗弁しなかった。元徴用工へ
の補償は。日韓両政府とも1965年の日韓請求権協定で解決したとの立場だが
。不満を持った元徴用工らがを供与し。両国とそれぞれの国民間で「請求権」
の問題を「完全かつ最終的に解決されたことを確認する」と明記した。大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行。その中核である日韓請求権協定は,日本から韓国に対して,無償億ドル,有償
億ドルの経済協力を約束する第条利益並びに両締約国及びその国民の間
の請求権に関する問題は「完全かつ最終的に解決」されており,いかなる主張も

橋下徹?日韓は完全かつ最終的に解決したか?。年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決された」はずなのに。韓国の
大法院最高裁において韓国人元徴用工による日本企業日本側からは噴飯
ものに見えるが。なぜ韓国の裁判所はそのような判決に至ったか。

▼ 証拠が都合悪いから不正ソフトの悪用で↓これを非表示にするが?▲ 何んで?1990年代?に成って急に韓国は??慰安婦?徴用工?東海?だのと?苦し紛れの”捏造”を始めたのか? その理由は?▼ ?”米国立公文書館”?が?1980年代の後半から竹島関連の”米国政府公文書”を↓公開し始めたから。それで韓国は慌てた?◆“ラスク書簡” 韓国の要求に対する↓“米国の最終回答” ▲韓国との数回の会談?調査を経てアメリカ合衆国は最終的な米国の見解を国務次官補???????????がに書簡にて“竹島は日本の領土”で有ると回答した。ラスク国務次官補が回答した翌月の9月8日に?正式に日本国との平和条約が調印された?◆“米国による“ラスク書簡”の再通知″及び↓韓国政府の隠蔽” ▲に韓国の書簡の?韓国領の独島?に対し?釜山の米大使館は《アメリカの竹島の地位に関する認識はラスク書簡のとおりである》と韓国外交部に再度通知を行った。 しかし?1955年に韓国外交部が作成した《獨島問題概論》では??原文のまま掲載?と称して“竹島は日本の領土”と述べているラスク書簡の再通知部分を“etc. ”でカットして“隠蔽”し?更に?その“再通知を改竄”した事が判明している。◆“ヤング書簡”↓????????による “ラスク書簡”の再通知”▼ 米国国務省は??“竹島に対する韓国の主張は米国は受け入れられない。従って”SF条約第2条aには 竹島に言及していない”?と明確に述べている? ▲ヤング書簡の内容は↑韓国政府外務部に対しても同年12月4日に口上書No.187文書として正式に申し入れを行っている。しかし?韓国政府はこれを無視した。日韓請求権協定で完全に解決済みとは言えないということです。協定が締結されてもそれが実行されていなければまだ未解決だということです。両国の責任で補償することにしたのなら韓国政府の責任は勿論ですが、日本政府もそれを実行させる責任があるでしょう。韓国の裁判であのような判決が出たのは当然でしょう。それが朝鮮人であるということなのです嘘をつく約束を破る条約を破る品性のかけらもない法律を破っても罪悪感を感じない道徳観倫理観を産まれながら持ち合わせていないこれが朝鮮人の特徴です朝鮮人の本性であるのですよって日本は韓国と直ちに国交断絶することが唯一の国益であると断言いたしますなるほど、なんで韓国で1990年以降になってから、突然に安婦問題が発生したのか。徴用工問題についても旭日旗問題についても、問題にされるようになった時は違いますが、全く同じ疑問がありますね。それは、おっしゃる通りです。しかし、それは韓国側に聞かないとわかりません。日本側からは推測するしかありません。だから、どんな資料をつけてもそれは状況証拠であり、しかも相手の心理を推測するための資料にすぎません。ですから、資料があってもなくても、それが納得できそうな推測かどうかであり、たいした違いはありません。しかし、例えば、今は大人の韓国人であれば、以前は旭日旗を問題にしてなかった事実は皆知っているはずです。そして、なぜ自分がいつから旭日旗を知り反感を持つようになったかも知っているはずなのです。しかし韓国人は言わないのです。国内でも言論統制がされているのでしようか。そうなら、韓国の体制や状態が変わらないと本当のところはわかりませんね。暇なのでしょ。仕事が無いンだから…仕事が無ければ食うにも困るし…要は、経済活動の一つって事なのでしょ。自国の経済状況が悪くなると捏造歴史を掘り起こして日本に集る、強請る。今までの韓国のやったことですが、もう通用しません。1990年以降は日本は韓国に経済支援してませんからね。経済はじめ大抵の分野で日本に負けてるから、日本追い落としの為のネガティブキャンペーンでしょう。ただ、自分の評価下げてますがね笑日本から金をとりたかった。結局それだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です