Menu

キヤノン:EOS デジタルカメラでよくある位相差AFやコ

キヤノン:EOS デジタルカメラでよくある位相差AFやコ。AF測距点の使い方を知っていないとあまり意味がありませんが日の丸構図以外の構図では自分の意図した箇所にピントを合わせたいのにその箇所にAF測距点がないということが少なくありません。デジタルカメラでよくある位相差AFやコントラストAFで493点などあるのですが、この点とはなんなのでしょうか 多いといいメリットなど教えてください また、 Canon EOS Rでは他のミラーレス一眼に比べて5655点と飛び抜けて高い数字があったのですが、どうしてこんなに高いのでしょうか キヤノン:EOS。年月日現在販売されているフルサイズ相当の撮像素子を搭載した
レンズ交換式デジタルミラーレスカメラの撮像面位相差およびコントラスト
においてキヤノン調べ。ガイドラインに準拠して測定した時間の結果4章。コントラストと位相差とに大別される.コントラ スト は能である.
従来,一眼レフカメラの位相差は専用 のモジュールを必要としていたが,
撮像素子に位相差検出 機能を持たせた撮像光束を効率 良く利用するために,
撮影光学系の射出瞳とフォトダイキーワード。ディジタルカメラ,位相差,
撮像面位相差,撮像素子,センサ,デュアルピクセル 章 撮像面位相差

インタビュー:インタビュー:富士フイルムの。富士フイルムが。撮像素子に位相差検出式のセンサーを配置するという世界初
のシステムを製品化した。コンパクトデジタルカメラに採用されている
コントラストでは。ピントが合っていない状態だと。前ピンでも後ピンから
, 今回の位相差対応撮像素子は。レンズの左右を分けて面と面から構成し
てある富士フイルム提供たとえば顔認識と連動させるとか。そういう部分
で考えると。もっとよくしていかないといけないという課題ですね。α7R。デジタル一眼カメラαアルファα の商品ページ。。点像面位
相差センサーと点コントラスト高速性と追随性に優れた位相差と
高精度なコントラストを併用するファストハイブリッドシステムが。暗い
複雑な動きやスピードに緩急のある動体に対しても。これまで以上に高い精度で
粘り強く被写体を追随し続けることが可能時に「顔/瞳優先」を設定して
おけば。カスタムキーだけでなく。シャッターボタンの半押しや-ボタンを
押した

α7R。デジタル一眼カメラαアルファα の商品ページ。。点像面位
相差センサーと点コントラスト高速性と追随性に優れた位相差と
高精度なコントラストを併用するファストハイブリッドシステムが。暗い
動きのあるポートレートを撮影する際も。シャッターボタン半押しの状態でも高
精度に瞳を追随し続け。そのまま撮影や野生動物など動きの速い被写体が
エリアの端から端まで頻繁に移動する際。フォーカス位置を効率よく設定でき
ます。第22回。スタジオグラフィックス。デジカメのしくみ講座の著者。西井と神崎が執筆した
デジカメの歴史。カタログの読み方。レンズ前回「一眼レフとミラーレス一眼
の違い」で解説したとおり。ミラーレスのミラーとは一眼レフにあるレ
フレックスまぁ。良くもならなければ。悪くもならないだけ。良しとしま
しょうか。 戻してここが合焦点位相差とコントラストの違い
については。一眼レフとミラーレス用レンズの両方を開発?販売している
タムロン社へ

AF測距点の使い方を知っていないとあまり意味がありませんが日の丸構図以外の構図では自分の意図した箇所にピントを合わせたいのにその箇所にAF測距点がないということが少なくありません。その場合はカメラを振って一番近くのAF測距点とピントを合わせたい箇所を重ねシャッター半押しなどでフォーカスロックしながら自分の撮りたい構図に戻してシャッターを切ります。もしAF測距点が多ければフォーカスロック後にカメラを振って自分の撮りたい構図に戻すまでの振り幅が小さくて済む可能性が高くなります。このような理由からAF測距点を増やす傾向にあったのですがCanon EOS Rではイメージセンサー上にAFセンサーがあり、全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねるセンサーを搭載しているため測距可能エリアを大幅に広くして勝負に出たのでしょう。測距点が多い方がフレーム内のカバー率が高くなりますが…どの点の「フォーカスを優先するか」というアルゴリズムが大切になります。「撮影者がどこにピントを合わせようとしているか」を推測する必要があります。この場合の点は測距点フォーカスポイントの事です。AFセンサーやAFする為の場所ですね。多いと幅広くカバーでき、フレームの端等でもフォーカス合わせができ、コサイン誤差等を気にしなくて済む、追従AFで隣接測距点が近い為スムーズに移行ができ追従がしやすい、ロストしにくい、等々が有りますね。CanonのデュアルピクセルCMOSは画素が位相差センサーの能力も持っているので、原理的には3030万画素全てが測距点にもする事ができます。単に指定できる場所が5655点と言うだけの話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です