Menu

イタリア代表 イタリア史上最高のサッカー選手 イタリア史

イタリア代表 イタリア史上最高のサッカー選手 イタリア史。個人的にはGK:ジャンルイジ?ブッフォンDF:パオロ?マルディーニ。イタリア史上最高のサッカー選手 イタリア史上最高のサッカー選手は誰でしょうか 世界2位タイの4回優勝国で、レジェンド級の選手はたくさんいますが、ペレ、マラドーナ、クライフ、ジダン、メッシ、クリロナクラスの超別格がいない気がします おそらく、 ①GKとDF大国だけど、守備の選手は高評価されにくい ②攻撃の選手で史上最高有力なロベルト?バッジョが時代に合わない、結果を出しても監督から冷遇されたなどで活躍の機会が奪われた時期も長かった ③優勝4回の内、2回は昔過ぎてその選手を評価しにくい イタリア人初のバロンドーラー、ジャンニ?リベラも然り この3点の理由だと思います UEFAの企画か何かでは、イタリアはディノ?ゾフでしたが、あなたの思うイタリア史上最高のサッカー選手と選考理由を教えてください イタリア史上最高のサッカー選手。

守備大国イタリアが生んだ「史上最強DF」候補の5名。サッカーを伝統とする国にはそれぞれの特色があるものだが。イタリアといえば
何といっても守備である。 そこで今回は。そんな守備大国イタリアが輩出した「
歴代最高の」候補を人に絞ってお届けしよう。パオロ?ロッシの勇姿を振り返る。イタリアサッカー界の英雄。パオロ?ロッシ氏が死去したことを。イタリア
メディアが伝えています。ロッシ氏はイタリアサッカー史上最高の
ストライカーの一人で。ワールドカップには回出場年大会も代表に
つい先日。ディエゴ?マラドーナ氏が死去したばかりですが。わずか週間の間に
サッカーの歴史に名を残す人の偉大な選手が。この世を去ることとなりました。

イタリア史上最高のサッカー選手。現在でも。「イタリア史上最高の選手」 と評価されている。 写真解説
イタリア代表での ジュゼッペ?メアッツァ。イタリア代表の歴代最強ベストイレブン?フォーメーション。決して順風満帆なサッカー人生とは言えませんが。それでも彼はイタリア史上
最高の選手です。 その瞬間に思い浮かんだ中で一番難しいことをしていたという
プレーは。そもそも狙っていることが別次元。 あまりに豊かなイタリア代表の「レジェンド完全格付け」。ファッケッティはサッカー史にその名を刻む史上初めての攻撃的。その約年
後に同じ左として。その後はとしてもチームを支えた偉大な主将が
マルディーニで。メジャー大会7回

イタリア代表。歴代ベストイレブンサッカーイタリア代表の世紀における最強ベスト
イレブンを『』が選定。歴代最強イレブン。試合点年準優勝-試合点年????-試合点 主な所属クラブ
。ユベントス~ACミラン~インテル~
ニックネーム。イタリアの至宝。無冠の帝王 寸評。年W杯で最高の働きを見せ
た選手。史上最高額移籍は誰だ。史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング~位。イタリア
の“生きる伝説”ブッフォンが登場! 主に夏と冬の回に渡って選手の移籍市場が
開き。選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いて

個人的にはGK:ジャンルイジ?ブッフォンDF:パオロ?マルディーニ MF:ジャンニ?リベラFW:ロベルト?バッジョ総合的にはブッフォンかなと。ミラニスタとインテリスタらは納得しないでしょうけどね。イタリアって伝統的に勝利至上主義でカウンターアタック。1-0の美学かあるためGK、DFは一流。それを打ち破るべくFWも一流。それを支える中盤は労働者タイプが多い。ネームバリューなら、ロベルトバッジョなんじゃないですかね。彼のプレーがファンタジスタという言葉を生み出したのですから個人的には、世界に名だたるカテナチオのシンボル、ミランのバレージ。ネスタとのコンビで史上最高のCBとも言えるマルディーニ。ワールドカップも制覇したカンナバーロでしょうか。バッジョやデル?ピエロ、トッティも本当に記憶に残る選手ではあります。同様、セリエAの最盛期を迎え、ワールドカップも制覇したGKゾフ、やはりキャプテンであったことも国民にとっても記憶に残り象徴的な選手なのでしょうし、P.ロッシではなくてGK、守護神から選ばれていることもイタリアらしい、納得出来るものでもあります。オランダトリオ所属時代のミランの主将のバレージ???あの三浦カズもKOされてますw。バロンドール獲ったカンナバーロよりは評価は上でしょう。私が考える史上最高のイタリア人選手はトッティだと思いますね。ローマ一筋だったので、もし仮にバルサやレアルに移籍していればもっと評価されていた可能性もありますしね。それにローマファンからも高い支持を受け、このクラブの象徴となった選手です。1990年代のイタリア黄金期から引退した時までプレーを続けた数少ない選手です。クッキアイオというイタリア語でスプーンを意味する言葉はトッティのアシストを語る上で最も適する言葉です。ユーロ2000の準決勝でも使ってました。難しいプレーをいとも簡単に成し遂げてみせるので、際立ったプレーは少ないです。そこがジダンやカカとの違いでしょう。他にもたくさんの理由がありますが、書き出すと尽かないです笑笑ブッフォンこの20年近くトップのチームでフィールドに立ち続けているすごさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です