Menu

お位牌について 母から父と先祖代々の位牌の2つを預かり居

お位牌について 母から父と先祖代々の位牌の2つを預かり居。お父さんの菩提寺があるのでしたらそのお寺にお位牌等を持って相談すると良いです分からない事住職さんと相談。母から父と先祖代々の位牌の2つを預かり、居間においてあります 父の位牌は良いのですが先祖代々の位牌がかなりボロボロで、かわいそうになりついアマゾンで購入してしまいました (8千円程度の安物で申し訳ありませんが)
その時に、古い位牌はどうするだろう、まさかゴミとして捨てるわけには行かないし、新しい位牌は名前を彫ってもらったからそのまま居間にかざろうかと考えましたが、こういうものは皆さんどうしているのか心配になりました 特にお付き合いしているお寺はないですが、父のときのお寺から毎年、お手紙が来ます そこに相談したほうが良いでしょうか
若い頃はあまり考えませんでしたが、年をとるに連れていろいろ考えるようになりました 位牌知識ガイドブログ。位牌の通信販売。実店舗あり。高級位牌円からご提供。象嵌位牌今ある
祖父の位牌と同じところに名前を入れてほしい」その時に祖父と祖母2人の
名前が入っているものを作ってもらうことにしました。
カテゴリー わが家の位牌物語お客様から頂いたエピソード集仏壇に二つ
位牌が並んでいるのを見て。自宅でまつることが難しいので。お寺で逗子ごと
預かっていただいています。自宅に置いて先祖代々のお位牌をおまつりする
つもりです。

永代供養のときの位牌の扱い方は4通り。実際に希望エリアの継承者がいらないお墓永代供養がついたお墓を調べて
みたい方は。こちらから検索できます。 継承者不要の霊園位牌とは。戒名が書
かれた故人の名札であり。自宅で仏壇に飾り供養するためのものです。むしろ
。遺骨は永代供養にしたけれども自宅で先祖の供養をしたい。という場合。位牌
はご自宅の仏壇にそのまま祀っていいただきたいものです。一時預かり供養と
は。月単位。もしくは年単位でお寺に位牌を預けることをいいます。仏壇に安置するお位牌を並べる順番は決まっています。ただ。お位牌は購入した時から故人の魂が宿っているわけではないので。仏壇に
祀る前には「開眼かいげん供養」仏壇と位牌 仏壇にお位牌を安置し。故人を
悼む。仏教において。お位牌は故人を想う気持ちを強くする重要な仏具です。
また先祖代々で同じ仏壇を使用していると。お位牌を配置する順番も気になって
しまいますよね。文字入れにかかる期間は。手彫りだと約週間から週間。

お坊さんが回答。子供も小さいし私は主人をそばに置いておきたいのですが…実家は亡き祖父の
代からの分家で。祖父母の仏壇があり。祖父母のお位牌もまつられています。
従姉妹から突然電話があり父が亡くなったことで直系は誰も居なくなって自分は
結婚して姓が変わっているが。旦那が定年したらもちろん。今母が住んでいる
家には父方先祖代々の仏壇があります。自分でも数え年についていろいろ調べ
。2つ書いていただいた意味も理解できましたが。本位牌には「満ヶ月」だけに過去帳の知識お寺に記入してもらう際のお布施の費用相場など。過去帳とは。故人の俗名。戒名。没年月日。享年などが記された帳面で。先祖
から続いてきた家の歴史が分かる道具です。二つ目は。自身のルーツを知る
すべを子孫に残していくという役割です。過去帳はいわば。その家の家系図の
ようなものであり。代々受け継がれてきた過去帳の記載をたどることで。先祖
から連綿と続く縁故関係の歴史を知るなぜなら。先祖代々の位牌をずっと
引き継いでいくと。やがて仏壇に位牌を置く場所がなくなってしまうからです。

位牌をまとめて供養する際に抑えておきたい大事なこと。位牌は。故人そのものであり。家族にとってもとても大切なものとなります。
ぜひ。参考にしてそのため。昔から「先祖位牌」という。位牌を一つに
まとめる方法が取られてきました。 見たことがある方もいらっしゃるかもしれ
ませんが。 「家先祖代々之霊位」と書かれた位牌が「先祖位牌」となります。
ご先祖様の位牌を一つに注意2.回出位牌の順番の入れ替え 回出位牌は。ご
先祖様の命日に合わせて順番を入れ替える必要があります。 命日とは。訟月お位牌について。父と母それぞれの位牌を一つにする方法は? 仏壇が小さすぎて父のお位牌が
入りません; 本位牌を買う予定ですがうちには既に体

お父さんの菩提寺があるのでしたらそのお寺にお位牌等を持って相談すると良いです分からない事住職さんと相談。新しいお位牌開眼供養し古いお位牌はお寺さんで処分してくれます御位牌ですが一人の故人に対して一つと言うわけではなく、位牌分けと称して複数作る事が出来ます。つまり御位牌は増やせたり減らしたり自由自在ではありますが、約束事として、増やしたり減らしたり新しくしたり古いものを処分したりする時はお寺様で法要お坊様に拝んでいただくしていただくのが一般的な風習になっています。従いまして質問者様のお家の宗派お父様のお墓のあるお寺の宗派、もしくはお仏壇にご本尊様が安置されていましたらその宗派のお寺様で開眼法要、閉眼法要をお願いすると良いです。法要と言っても大袈裟ではなく、お寺に新旧の御位牌を丁寧にご自身の手でお運びして、お願いしておけばお寺様の方で法要をやっておいて下さる、みたいな感じで終了の場合もあります。あとはお寺様とご相談になりますが、一番良いのはお父様のお墓のあるお寺様にお願いするのが一番ですが、遠方である、無住のお寺である、等お願いするのが難しいときは、同じ宗派の近くのお寺に相談されると良いと存じます。位牌とは何か?大昔儒教で考えた故人の象徴です。昔は写真がなかったので、木片に名前を書いて「故人の象徴」としたのです。これが○○おばあちゃん、これが××おばあちゃんということです。現在の写真遺影と同じと考えて下さい。本名ではなく戒名を書く場合は仏教アレンジです。廃棄する場合も、写真と同じように考えれば良いです。バラバラにして捨てる、庭で焼くなどです。「魂入れ」などは、坊主の霊感商法に過ぎません。新しい位牌には 魂入れといって開眼供養をします古い位牌には 魂抜きといって閉眼供養をします檀家になったお父様のお寺に相談したらいいですよお布施はお寺によりさまざまですが それだけ単独ですると1つの法要になってしまいますが例えばお父様の法事の時に一緒にしてしまえば法事のお布施に少しだけ上乗せで済むと思います魂抜きしないで古い位牌を処分してはいけないといわれています古いお位牌の処分も閉眼供養と一緒にお寺さんに相談すればいいと思います宗派にもよるとは思いますが。位牌は、作っただけでは駄目なようです。お寺などに古い位牌と新しい位牌を持っていき、魂の移し替えをしてもらわなければならないようです。一度、お寺さんに相談する方が、気持ち的にもスッキリするかと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です